FANDOM


エウレカセブン > エウレカセブン (ゲーム)
エウレカセブン
ジャンル ヴァリアブル・アクション
ゲーム:エウレカセブン TR1:NEW WAVE
対応機種 プレイステーション2
開発元 バンダイ
メディア DVD
プレイ人数 1人
発売日 2005年10月27日
販売価格 7,140税込
その他 DVD-VIDEO同梱
ゲーム:エウレカセブン NEW VISION
対応機種 プレイステーション2
開発元 バンダイ
メディア DVD
プレイ人数 1人
発売日 2006年5月11日
2009年6月25日(廉価版)
販売価格 7,140税込
2,940税込(廉価版)
ゲーム:エウレカセブン NEW WAVE Graduation
対応機種 プレイステーション2
開発元 バンダイ
メディア DVD
プレイ人数 1人
発売日 2009年6月25日
販売価格 2,940円税込
7,140円(映画DVD同梱版)
テンプレート使用方法 ノート

エウレカセブン TR1:NEW WAVE』と『エウレカセブン NEW VISION』は、2005年10月27日2006年5月11日に発売されたアクションRPG

2009年6月25日には『TR1:NEW WAVE』のグラフィックと操作性を向上させた『エウレカセブン NEW WAVE Graduation』が発売。なお、映画交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱいの同梱版も同時発売された。

ストーリー 編集

人類が故郷の星を離れ幾千年。気の遠くなるような宇宙の旅の末「約束の地」と呼ばれるところに住み始めていた。

「スカブ」に覆われた地表、そこから生まれる粒子「トラパー」の舞う空。未知の世界での様々な困難を乗り越え、土地を切り拓き、適応し、根を下ろしていく。何百年という長い時が流れたのち、大型の機械「LFO」、トラパーを利用した発電制御装置「コンパク・ドライヴ」、空中を飛ぶスポーツ「リフティング」など、人類は地球とは異なる様々な文化を産み出していた。
全土にわたり統治活動を行っている連邦国家直属の軍隊“塔州連邦軍”はLFOの汎用性の高さに目をつけ、軍事利用への道を模索し始める。重武装を施した軍用高性能LFO「KLF」、それを乗りこなす優れたライダーを手に入れるため、連邦軍直属のLFOライダー養成機関「ニューウェーブ」を設立した。

軍人エリート候補生だったサムナは、自分の意思で道を切り拓くために今までの自分の地位を捨て、ニューウェーブへと足を踏み入れる。彼を待ち受けていたのは個性的なチームメイト、厳しい上官、そして“ルリ”という同い年の女の子。
ニューウェーブでの様々なミッションを経て、サムナとルリはKLF特殊部隊「ソーヤ隊」に配属される。しかしルリは突如、ソーヤ隊を抜け出してしまう。彼女が軍を離れた意味とは何なのか。

交響詩篇エウレカセブン』へ繋がる、「Project EUREKA」の、始まりの物語。

登場人物 編集

サムナ・スタージョン
- 下野紘
ゲーム版コミック及びゲーム版エウレカセブン(NEW WAVE、NEW VISION)の主人公。名門の軍人一家スタージョン家の生まれで、軍人エリートコースを自分の意思とは関係なく歩んでいた。しかし決まりきった未来を嫌い士官学校を中退、LFOライダーを目指しニューウェーブへ編入する。リフティングは14歳のときに兄の一人トリノから教わっており、愛用のボードもトリノからもらったもの。学業成績は優秀だったにも関わらず人の名前を覚えるのが苦手で、学生時代はクラスメイトの顔と名前が一致しないこともしばしばあった。性格は実直一辺倒で、言ってしまえばバカ正直。LFOの知識はかなりのもので、スティーブンやドッティから「詳しいというかマニア」と言われる程。
NEW WAVEの序盤では、ルリを相手にLFOで大敗を喫してしまうが、仲間達との交流と自らの努力によって実力を開花させて行き、卒業試験では決勝戦でフッキを実力で倒してニューウェーブを首席で繰り上げ卒業するなど編入であることを物ともしない優秀な成績を残した。ソーヤ隊に配属されてからは、とある事情により参加する事になったベスタカップで歴代チャンピオンのショーンとフッキの二人を破り優勝。終盤にはそれまでの任務での活躍を評価され、隊で最初にLFO用のリフボードを与えられた。セナンでは任務中に再会したルリに協力し、保管されていたニルヴァーシュを起動させ[1]ピート・サヴィル(後述)とのリフ対決に勝利し、その後ホランドにニルヴァーシュを引き渡した。その際ホランドからは仲間にならないかと声をかけられているがそれを断っている。
NEW VISIONでは軍籍を抜けて、“B・B”を名乗りプロのリフボーダーとして活動しており、ウェスの連絡を受け最後のベスタカップに出場するために再びベスタを訪れたところからストーリーが始まる。軍籍を抜ける際に死亡扱いとされたため、彼が生きていることを知る者は少ない。
ゲーム本編中にサムナが時折話す独白は、サムナの少年時代を描いた漫画「エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール」の登場人物、イーディへ向けた手紙である。
名前の由来はイギリスのロックバンドであるニューオーダーバーナード・サムナーから、余談だが、サムナの父親の名前は「バーナード・スタージョン」という設定。
ルリ
声 - 豊口めぐみ
ゲーム版コミック及びゲーム版エウレカセブンのもう一人の主人公。孤児のため幼少はスラムで貧しい生活を送っていたが、ロディ・フレイム(後述)からリフティングを教わり賞金稼ぎとなる。リフの大会では女性の参加資格が無いために“B・B(ブルーバード)”と名乗り、少年と偽ってボーダー活動を展開していた。そのためリフのテクニックは折り紙つきで、その腕は後に偶然それを目にしたサムナやショーンに本格的にリフを始めさせる切っ掛けを作った程であった。塔州連邦軍にはロディの後を受けてテストライダーとして所属、後に将来性を見込まれニューウェーブに編入した。LFOの操縦も一級品で、ニューウェーブではトップライダーとして活躍。ちなみに、書類上のフルネームは“ルリ・フレイム”。
性格は今でこそ女性的で気ままな性格だが、“B・B”時代は弱い自分を隠すためと少年と偽っていたことから非常にボーイッシュな性格をしていた。
NEW WAVEではB・B時代に出会ったサムナ(本人に自覚無し)に興味を持ちリフや合同演習を共に行うが、後に自分たちの技術がCFSに利用されていることを知り卒業試験の日にニューウェーブを中退。その後は髪を伸ばすなど容貌を変えライラとして独自に行動をするようになり、軍に叛乱を起こしたホランドと接触、セナンに保管されていたニルヴァーシュの強奪に協力する。その際、ちょうど任務でセナンに来ていたサムナを巻き込みニルヴァーシュを彼に託した後、再会を約束しサムナの505でセナンを脱出した。
NEW VISIONでは、フレイムの経営する“アザール”を訪れているが、相変わらず自由気ままに各地を転々としている。ちなみにサムナと共にアニメにも一瞬だけ登場している。漫画版では後半に主要キャラとして登場し、ドミニクに世界の真実と、デューイの真の目的を教える。
フッキ・ズィーフ
声 - 高木渉
ベスタのダウンタウン出身、元ベスタカップでリフチャンプだった熱血漢LFOライダー。ピートにスカウトされてニューウェーブに入り、サムナとは後にライバル関係になる。気の多い男で、色々な女性(ルリを含む)に一目惚れするが本人の前では何も出来ないため周りからは“シャイな女ったらし”と言われている。帽子を取るとアフロと見間違うほどの癖っ毛で、お洒落に関してはかなり独特なセンスを持つ。
ニューウェーブ卒業後、サムナから1ヶ月遅れてソーヤ隊に配属され、そこでかつての因縁の相手ショーンと出会い険悪なムードとなる。そんな状況下で行われた彼等の故郷であるベスタでの任務において、犯人を巡りショーンと仲間割れ寸前の状態にまで発展してしまうが、サムナの仲介により事なきを得た。セナンでは、ピートの命令によりニルヴァーシュに乗ったサムナと戦闘を行うが、彼との友情から本来の実力の半分も発揮することができずに敗れるという人情深い一面を見せている。
NEW VISIONでは少尉に昇格、連邦軍所属のKLF特務部隊「ナガラ隊」の隊長を務めている。
名前の由来はサムナに同じくニュー・オーダーのメンバーであるピーター・フックの愛称「フッキー」より。
ジリアン・ハミルトン
声 - 中村千絵
ルリと紅二点を形成する女性ライダーで、サムナとは学生時代の同級生。良家の子女であるが竹を割ったような性格をしており、ニューウェーブのムードメーカーである。同じく良家の生まれであるスティーブンとは許嫁の間柄であり、関係も悪くはないようだが、ジリアン本人はサムナに対し憧れの気持ちを抱いている。学生時代、B・Bとして活動していたルリにリフティングを手ほどきしてもらったことがあり、作中でも数少ない“B・B”の正体が彼女である事を知っている人物の一人。
NEW WAVEではフッキ、スティーブンと共にソーヤ隊に配属される。ベスタの任務では、ベスタカップに参加したサムナに賭けていたために大儲けし、サムナの単独任務の際に行われた賭け(サムナが軍を辞めるか辞めないかというもの)でも単独勝利するなどの随所で強運振りを発揮した。セナンでは軍を離脱しようとしたサムナを「戻らないなら殺す」と宣言して立ち向かうが、サムナの腕とニルヴァーシュの力の前に歯が立たず、彼を止めることができなかった。
NEW VISIONではフッキが隊長を務めるナガラ隊に所属しており、活発な面が目立った以前とは違った大人の女性へと性格が変化した。ちなみにシチュエーションモードにおいてサムナと戦うと、サムナに対して今までの鬱憤を晴らすかのごとく罵声を浴びせ、ルリに対してはライバル心をむき出しにする。
名前の由来はニュー・オーダーのメンバー、ジリアン・ギルバートより。
スティーブン・ビッスン
声 - 森田成一
ジリアンとは許嫁の関係。ジリアンと同じくサムナとは学生時代同級生だった(ただ、ジリアン共々サムナは覚えていなかった様子)。軍人一家の出身で、サムナと同様に用意された進路を嫌い、士官学校を蹴る形でニューウェーブへ進む。常に冷静沈着、ニューウェーブでは参謀的存在である。と同時にメモ魔であり、情報を仕入れてきては逐一メモに記している。
NEW WAVEではフッキ、ジリアンと共にソーヤ隊に配属される。ベスタの任務では、ベスタカップに参加したフッキに自分に賭けるように言われ、言われたとおりに賭けたがサムナが優勝してしまったためにペズと共に大損してしまった。
NEW VISIONでは情報部に転属。わずか数年で中尉となり、その出世振りは“ニー・ウィルソンの再来”と呼ばれるほどであった。しかしある日、ハッシェンダでの任務中に高濃度のトラパーを浴びてしまい負傷。なんとか無事に回復したが、この頃から異常な言動が目立つようになっていった。ストーリー後半ではCFS研究施設のある空中塔「サンダークラウド」をフレイムと共に占拠すると同時に“革命”と称して反旗を翻した。その後、暴走したフレイムの強襲によって被害を受けたサンダークラウドの司令室で死亡したと思われたが、「オレのスペシャル」と称する機体、ジ・アザーワンに乗って再びサムナ達の前に現れる。が、この時点で既に精神崩壊を起こしており、サムナやルリばかりか同じ軍人であるジリアンとフッキにも銃口を向ける等の暴走状態となっていた。そして、サムナからLFOで戦いを挑まれCFSを使用、サムナの最後の敵として彼の前に立ちはだかる。勝負後、上空から転落したにもかかわらずなおも動き出そうとした所をジリアンの手によって殺された。なお、ストーリー中間においてドミニクから情報提供を受けているが、彼自身はゲッコーステイトに対してはあまり興味を持っていなかったようである。
名前の由来はニュー・オーダーのメンバー、スティーヴン・モリスより。
ショーン・バンクス
声 - 真殿光昭
フッキと同じくベスタのダウンタウン出身のLFOライダーで、サムナ達の先輩にあたる。少年時代リフの大会で二年連続チャンプ経験を持つ実力者。同時に札付きの不良少年としても有名で、フッキとはこの時期に何かあった様子。リフティングの腕をニー・ウィルソン(後述)に買われて塔州連邦軍にスカウトされたことをチャンスととらえており、自分のために貪欲に活動している。
NEW WAVEでは、ソーヤ隊に配属されてきたサムナに対し始めは挑発的な態度を取るも次第に彼の実力を認め、その後はよき先輩となってサムナと接するようになる。ベスタでの任務ではとある事情によりベスタカップに参加するが、サムナに敗れ優勝することは出来なかった。
NEW VISIONでは情報部直属のKLFライダーとなっており、元ソーヤ隊メンバーの中ではスティーブンに次ぐ出世頭になったが、スティーブンによって手渡されたCFSを使用してからは態度が一変、親友であるペズの制止も聞かずにCFSを多用するようになる。ストーリー中盤以降は、スティーブンの命令でサムナを追い詰めるもののルリの乱入によりトドメをさすことができなかった。しかし戦闘後、空域を離脱した二人を追跡し続けてジャンプカタパルト上空においてサムナと再戦。彼に勝つためにペズの制止を振り切ってCFSを使用するがそれでもサムナには勝てず、最後は死ぬ前に彼を道連れにしようと特攻するも途中で機体が耐え切れずに爆死した。なお、シチュエーションモードにおいてショーンが敗北するとCFSを使用した自分の選択を後悔した発言をする。
名前の由来はハッピーマンデーズのメンバー、ショーン・ライダーより。
ペズ・ウェルズ
声 - 加瀬康之
ショーンの幼馴染。喧嘩っ早いショーンをなだめる役回りで、少年時代からいつも二人でつるんで行動していた。彼も凄腕のLFOライダーであるが、リフよりは機械いじりの方に興味を持っており、故障していたLFOを修理出来るほどの技術を独学で習得している。
NEW WAVEでは、ソーヤ隊に配属されてきたサムナに挑発的に接したショーンとは対照的に比較的穏やかに接し、初めから友好的な関係となった。ベスタの任務では、ベスタカップに参加したショーンに賭けた(賭けるように言われた)ためスティーブンと共に大損する。
NEW VISIONではショーンの部下になっており、彼のもとで行動している。しかしショーンがCFSを使用するようになり始めてからは彼の身を案じ、CFSの多用を禁じるように説得し続けていた。その後、スティーブンの命令によりショーンと共にサムナと戦闘。ジャンプカタパルト上空での再戦の際に、CFSを使用しようとしたショーンを止めようとするも逆に返り討ちに合ってしまう。サムナとの戦闘後はスティーブンの元へ戻り、サンダークラウドの通信士となっていたが、サムナ達にサンダークラウドへの侵入経路を教えるなど助力したことで反逆行為を行ったとされ、後のことをサムナに託しスティーブンの凶弾に倒れた。
名前の由来はハッピーマンデーズのメンバー、ペズ。
ニー・ウィルソン
声 - 田中正彦
上記の面々が所属するソーヤ隊の司令官。塔州連邦軍にLFOをKLFとして軍事目的で導入させた張本人であり、ソーヤ隊を発足させるために有能なリフボーダーを片っ端からスカウトしていた。昼行灯な言動も多いが頭の相当切れる人物であり、食えない人物である。ピートを始め部下の信頼も(性格はともかく)厚い。また、ホランドの言葉から察するに彼とも面識はある模様。
NEW WAVE序盤では、スタージョンの名を持つサムナをソーヤ隊の戦力強化とKLF反対派への牽制のためにソーヤ隊に招いたが、最終章直前にホランド叛乱の影響を受け、ソーヤ隊から左遷されてしまった。
ピート・サヴィル
声 - 竹田雅則
ソーヤ隊の隊長。サムナやルリ達の直接的な上司。隊長であるためKLFでの戦闘はほとんどせず、もっぱら隊の指揮に専念しているが、ライダーとしても優れた腕を持つたたき上げの軍人。サムナ達からは、「サヴィル隊長」と呼ばれている。サムナが軍を離反する時に最後の難関として立ちはだかる。サムナに敗れた後、自分と道は違えど信念を貫いて行動したサムナを最後には認め、乗っていた機体ともに爆死した。
名前の由来はジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダーのレコードジャケット等のアートワークで有名なグラフィックデザイナーであるピーター・サヴィルと思われる。
ロディ・フレイム
声 - 平田広明
ルリにリフティングを教えた人物で、孤児だったルリにとっては食いつないでいく術を与えてくれたまさに命の恩人。一時期はリフボーダーのカリスマとして凄まじい人気を得たが事故によりボーダー生命を絶たれ引退。その後LFOに希望を見出し、塔州連邦軍がKLF部隊設立のために進めていたLFOライディングテストに参加。しかし再び事故を起こし、当時行き場を失いかけていたルリに自分の後継としてテストに参加するよう、コンパク・ドライヴを託した。
ボーダー引退時にリフショップ“アザール”を立ち上げており、NEW VISIONではボードシェイパーとして再びスターダムを駆け上がることになる。しかし、そうして巨大な富を手に入れた彼は次第に今の世界の秩序を見限って、“新しい秩序”の誕生を望むようになって行く。
ストーリー中盤まではサムナ達に協力的な姿勢を示していたが、裏ではスティーブンと結託してサンダークラウドを占拠し、野望を達成すべく準備を進めていた。なお、ボーダー生命を絶たれてからの彼は右手に松葉杖を手にしていたが、実は使用しなくても歩くことができた。
アフロヘッド
声 - 西村朋紘
“アザール”を実質的に運営しているフレイムの片腕。その名の通り、アフロヘアーが特徴的なダンサーのようなで風貌であるが、LFOライダーとしての実力も一流で“アザール”に所属するLFOライダー達のリーダーも務めている。フレイムには信仰に近い信頼を寄せており、自分と同じく彼を慕っているルリを昔からいい目で見ておらず彼女との仲は悪い。その一方で、サムナやドギーといった自分と気が合いそうな者には自ら“アザール”へスカウトしようとするなどチーム強化にも力を入れている。
ストーリー中盤において、ルリ(実際にはサムナ)が自分達の本当の計画を知ったと思い、LFOチームを率いて彼女を消そうとするがルリの高い実力と援護に来たサムナ達によって逆に追い詰められてしまい奥の手としてCFSを使用するが敗北。地上へと転落していく中、フレイムの名を叫びながら死亡した。
ムーンドギー
声 - 入野自由(NEW WAVE)、宮野真守(NEW VISION)
NEW WAVEでは11歳の少年として登場(つまりNEW WAVEはアニメの5年前が舞台である)。サムナに名前を聞かれ「ムーンドギー」と名乗り、途中までとある目的のために無理矢理サムナと行動を共にする。
NEW VISIONでは主人公の一人として登場。とある理由によりゲッコーステイトから家出し、転がり込む形でサムナ、ルリの仲間になる。主にサムナのサポートをする立場で、終始アニメ版とは比にならない活躍をする。
ホランド
声 - 藤原啓治
NEW WAVEではS・O・Fの隊長・塔州連邦軍の生きたカリスマとして、NEW VISIONではお馴染みのゲッコーステイトのリーダーとして登場。
エウレカ
NEW WAVEに登場するが、ボイスはなく姿のみ。NEW VISIONではサムナ達と出会うことは無いが、EDでニルヴァーシュに乗ってベルフォレストへと向かうシーンが描かれている。
ドミニク・ソレル
声 - 山崎樹範
NEW VISIONにのみ登場。情報部の一人として、スティーブンに情報を提供する。表向きは階級が上であるスティーブンに従っていたが、彼の叛乱が失敗した際には“所詮その程度の男”と見下す発言をした。EDでは、イズモ艦に乗ってベルフォレストへと向かうシーンが描かれている。

LFO 編集

詳細はエウレカセブン#LFOとKLFを参照

ターミナス type R505
ソーヤ隊に支給されたLFOで通称505(ゴー・マル・ゴ)、TR505。主な搭乗者はフッキ、ジリアン、スティーブン、ショーン、ペズ。アニメ版に登場するターミナスシリーズの前身にあたる機体。ユニット変換システムを採用しており、武器の交換を簡単に行うことができるのが最大の特徴。このシステムによりライダーの特性に合わせて装備を変えられ、同じ機体ありながらまったく性能の異なる機体を生み出すことができる。ソーヤ隊で運用されている機体はサムナのものを除いてすべてダークブラウンの色に統一されている。
ターミナス type R505〈サムナ機〉
急遽、ソーヤ隊へ配属することになったサムナに与えられたLFO。そのため本来のカラーリングが施されておらず、ベース機同様白のままとなっているが、サムナはこのカラーリングを非常に気に入っていた。性能そのものは、従来の機体と同様のものであるため特に性能差はない。
ターミナス type R505改
元ソーヤ隊の整備主任ドッティが、サムナの回収した505を野良LFO試合で稼いだ大金をつぎ込んで、サムナのためにスペシャルチューンした機体。各部に最新のパーツが用いられている事とサムナの高い操縦技術から、最新鋭のLFOをも凌駕する性能を持つ。
ターミナス type R505〈S・O・F機〉
S・O・Fに配属された505で、メインカラーはインディゴ。搭乗者はホランド。設定上は外見のカラー以外、ソーヤ隊の使用している機体と特に変わりが無い(ゲーム内では、ソーヤ隊のものよりひと回り上の性能を持つ)が、ホランドの搭乗している機体は、彼の天才的な操縦技術のおかげで、S・O・F内において最強の機体となっている。余談だが、アニメに登場するチャールズ・ビームスもスピアヘッドに乗る以前はこの機体を使用していた。
ニルヴァーシュ type ZERO
サムナが搭乗した世界最古のLFO、ゆえにtype ZEROという。左右に座席が並んだ複座機で、その外観は白地に赤いラインのカラーリング。使用する武装はブーメラン型ナイフのみ。当機の専用リフボードは名工の手によるもので、旧型機ながらその飛行速度はターミナスシリーズを凌駕する。軍の最高機密となっていたがサムナとルリの手で奪取され、ゲッコーステイトに譲渡された。
フレストニア
アザールのメンバーによって運用されている機体。元は軍から裏ルートで入手したKLFであり、偽装改造が施されている。基本的なカラーリングはグリーンだが、ベスタカップの賞品として用意され、サムナやルリによって運用された機体には赤の塗装が施されており、物語の途中からルリ専用機となる。アザールのライダー搭乗機にはCFS搭載型もあり、またアフロヘッドの搭乗する機体はカスタマイズ化されており、tR808と同様のツインタイプのロングレンジレーザーを装備しており、カラーリングも独自の個性的な配色になっている。
ジ・アザーワン
CFSを搭載した塔州連邦軍の最新型特殊KLF。同じく塔州連邦軍開発のジ・エンドがホーミングレーザーを主軸とした武装、有機的パーツを使った曲線的デザインなのに対して、当機体はホーミングミサイルを主軸とした武装、工学的かつ直線的なデザインとなっており、その名が示す通りジ・エンドとは違う方向性で最強のKLFを目指した機体である。複数のレーザーキャノンやミサイルポッドなどの重武装がなされており、圧倒的火力を持ちながらも、特殊な円盤状のリフボードを装備することで高い機動性の確保にも成功している。またその内の幾つかの武装をパージすることで火力、耐久力こそ低下するものの、フルアーマー時を遥かに凌ぐ高機動性を得る事ができる。スティーブンが「オレのスペシャル」と評する通り特殊な機体の為、CFSのサポートがあるとはいえ高度な操縦技術が問われるが、乗りこなせれば非常に高い戦闘性能を示す。搭乗者はスティーブン・ビッスン。
ライトニングシーズ
CFSを初搭載した実験機で、搭乗者はロディ・フレイム。開発経緯からTVアニメ版のtB303デビルフィッシュと同じ頃に開発されたと思われ、ホーミングレーザーなどを備えた背部ユニットの形状などが似ている。脚部がカンジキのような補助リフレクターになっており、リフボード無しの飛行活動も可能。この技術の発展系が後のモンスーノ type VC10に引き継がれている。優秀なLFOライダーのデータが蓄積されており、サンダークラウドのCFS研究施設の中枢装置も兼ねる。リミッターのない初期型のCFS搭載機の為にライダーへの肉体的負担や精神的悪影響も大きいが、その分非常に高い戦闘性能を持ち、まさに諸刃の剣と呼ぶにふさわしい性能を持った機体になっている。
ワイバーン
CFS研究の際、ライトニングシーズの量産を想定して造られた高性能実験機。リミッターのないCFSの試作段階の物が搭載されており、高い操縦技術をライダーにもたらすが、依存しすぎると人体への悪影響も大きい。NEW VISIONにおいて、ショーン・バンクスやペズ・ウェルズが搭乗。
モンスーノ プロトタイプ
NEW WAVEにおいて登場したモンスーノのプロトタイプ。それまでのKLFよりも防御に重点を置いた設計がなされているため、非常に高い耐久性を誇る上に腹部に搭載されたアシストパワーユニットによって驚異的な機動力も持ち合わせている。しかし試験機であるため、武器類はまだ装備されておらず、攻撃手段は接近による格闘攻撃のみ。作中ではCFS試験テスト中に暴走状態に陥り、模擬戦を行っていたサムナとジリアンに襲い掛かってきた。
モンスーノ プロトタイプ完全版〈サヴィル機〉
NEW WAVEにおいて軍を抜けようとするサムナの前に、最後の難関として立ちはだかるピート・サヴィル専用機。同じプロトタイプでも、開発初期の武装もなく調整も不完全で暴走した上記の機体とは違い、整備された軍の主力KLFとして正式採用直前の完全版であり、各種武装の他、リフボードも装備しているので空中戦闘も可能になった。またサヴィル隊長の高い操縦技術に合わせたチューンナップが施されており、背部ユニットに大口径レーザーキャノンを装備するなど、プロトタイプではあるが、後の量産型モンスーノより機体性能はあらゆる面で上回っている。
モンスーノ type MS10 / MS20
NEW VISIONにて登場する塔州連邦軍に正式採用された軍の主力KLF。最新型のCFSが搭載されており特殊な技能を持たなくても操縦可能になっている。正式採用されただけに、背部ユニットにミサイルポッドを備えたtype MS10やレーザーキャノンを備えたtype MS20などバリエーションが多数存在する。
サイクロプス
主な搭乗者はウェス。軍が初期の頃に使用していたKLF。旧タイプだが、非常に高い耐久性と格闘攻撃を持ち合わせており接近戦では新型機とも十分に戦闘が可能。射撃武器はマシンガンのみ。設定ではこの機体を前身にしてモンスーノは製作されたことになっている。
ダークエッジ
ウェスが、自身のサイクロプスをカスタムした改修機。出力と装甲は通常のサイクロプスよりも強化されており、オプションとして505の頭部が付けられている。
ワイルドボア
街に市販されているLFOで、格闘能力に長けている機体。市販されているLFOの中でも最もポピュラーな機体で、自警団から盗賊団までと使用者層はかなり広い。そのためカラーリングバリエーションが一番多くカスタマイズもしやすいことが最大の特徴。前述の通り、格闘攻撃に特化した機体だが、スピードは遅い上に装甲もそれほど強くない等、それ以外の部分はあまりいい性能ではない。カスタム機として、よりバランスの向上したハリケーンボアがある。
ハリケーンボア
ワイルドボアをベースに改造されたカスタム機。搭乗者の美学が追求されたカラーリングによる威嚇力とバランスが向上したことによる格闘能力の強化により、非常に侮れない戦闘能力を持つ。
スカッドバイク
二輪のビークルモードに変形することができるLFO。元々は、軍用に開発された試作機の一体であったが、装甲の薄さによる耐久性の低さから市販用の機体として出回ることとなった。地上戦においては最速の機動性を持っているため、LFOでリフをする技術がまだなかった時代には、非常に重宝されていた。
トライビートル
街に市販されているLFOの一機。市販されている他の二機に比べて規格が少し小さいが、高威力の格闘攻撃や高射程のレーザーに加えて高い耐久性を持ち合わせている。このように戦闘力は他の市販機よりも一段上の性能を持つが、機体の構造上リフボードに乗ることができず、唯一リフでの戦闘ができない機体でもある。
教習用LFO
LFOライダー養成施設・NEW WAVEで使用されているLFO。主な搭乗者はサムナ、ルリ、フッキ、ジリアン、スティーブン。505をベースにして製作されている為、基本性能は軍用のKLFと大差はないが安全のために武器の交換及び射撃威力の調整は禁じられている。ゲームの序盤は、この機体を駆使してLFOの操作を練習する事となる。
デスボール
セナン塔に配備された高性能巨大防衛兵器。排除対象に向け、球体のボディに全方囲に向けて配された10基の機銃からホーミングレーザーを発射するため、破壊するのは至難の業。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. ちなみに、ニルヴァーシュは本来エウレカ、そして彼女と対となるレントン以外は動かすことはできない。つまりサムナはこの二人を除いて初めてニルヴァーシュを起動させた人物である

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。