FANDOM


パチスロ交響詩篇エウレカセブン』(こうきょうしへん- )とは、2009年サミーから発売されたパチスロ機(5号機)である。保安電子通信技術協会(保通協)における型式名は「エウレカセブンZ」。

テレビアニメ『交響詩篇エウレカセブン』を元にしたタイアップ機。販売台数は2010年3月末時点で約56,000台[1]

快盗天使ツインエンジェル2』同様、マイスロに対応している。

概要 編集

ゲーム性としては5号機の中でもいわゆる「ART機」に属し、ビッグボーナス・レギュラーボーナスに加えARTである「コーラリアンモード」の3つで出玉を増やすタイプ。なおサミーではコーラリアンモードを「第3のボーナス」と称している。

有効ラインは通常の5ライン機から下段を除いた4ライン。 BONES書き下ろしの映像特典としてテレビシリーズのエピローグと、劇場版のプロローグとなる「The Day After」が収録されている。

ボーナス 編集

ビッグボーナスは赤7揃い(360枚を超える払い出しで終了、純増約300枚)と白7揃い(240枚を超える払い出しで終了、純増約200枚)の2種類。ビッグボーナス中に予告音が鳴った場合はリールに白7を狙い、中段に白7が揃うとボーナス後のコーラリアンモード突入が確定する。またプレミアムとして、通常時にロングフリーズが発生した場合には、赤7揃いのビッグボーナス+コーラリアンモード突入(最低でも5連)が確定する。

レギュラーボーナスは赤7・赤7・白7もしくは白7・白7・赤7の組み合わせで、どちらも純増約30~50枚(メーカー発表値)。基本的に小役5回成立で終了する。レギュラーボーナス中は5択ベル[2]の押し順を正解するごとにコーラリアンモード突入の可能性が高まる(押し順正解の場合は斜めにベルが揃い12枚の払い出し、不正解の場合は上段にベルが揃い8枚の払い出し)。3回ベルの押し順を当てると、ボーナス後のコーラリアンモード突入が確定する(事前の抽選結果によってはいずれかのゲームからカットインが入りベルの押し順がナビされる場合もある)[3]

コーラリアンモード 編集

コーラリアンモードは前述のボーナス終了後に突入するのが一般的だが、通常時に「???」の表示が出て特殊リプレイの押し順当てに正解した場合や、スイカ・チェリーなどの小役成立時の抽選に当選した場合にも(潜伏を経て)突入する場合がある。

仕組みは少々複雑で、ボーナス終了後・小役成立時の抽選に当選した場合はまずアシストタイム(AT)に突入し、そこで押し順ナビに従い準備リプ(リプレイ・リプレイ・ベル)を入賞させる事でリプレイタイム(RT)に突入し、さらに特殊リプレイ(リプレイ・リプレイ・チェリー)を入賞させると「C-MODE」と題されたARTに突入する。また通常時に「???」の表示が出た場合にも、押し順を正解すると同様にリプレイ・リプレイ・チェリーが入賞し「C-MODE」に突入する(押し順不正解の場合は「ベル・チェリー・ベル」が入賞し通常時に戻る)。

ART(C-MODE)は1セットにつき50ゲーム継続で、押し順ナビに従うことで5択ベル(中第一停止ベルは左右押し順不問)を全て12枚の払い出しで獲得できる。純増は1ゲームあたり約1.6枚(メーカー発表値)。ARTは規定ゲーム数消化かボーナス成立で終了するが、ビッグボーナスの場合はボーナス消化後に潜伏を経てコーラリアンモードに再突入する。

コーラリアンモードにはボーナス中の抽選等で一度に複数セット当選する場合があるほか、モード中の小役成立による上乗せの可能性もある。それらの当選はストックされるため、ART終了後すぐにコーラリアンモードに再突入する場合や、一度ARTが終了した後潜伏を経て再突入する場合もある。なお潜伏の場合のゲーム数は最大32ゲームであるが、初当たり時の8.6%、潜伏時の12.5%で選択される特殊発動の場合は、通常時に約9.7分の1で成立している準備リプ(リプレイ・リプレイ・ベル)を突然押し順ナビが出てくることによりARTが始まり、準備リプが成立しない限りARTが突入することはないので、非常に稀ではあるが32ゲーム以上潜伏することがある(さらにボーナス終了直後は、シングルボーナスの取りこぼし目が出現してから潜伏ゲーム数のカウントが始まるため、32ゲーム以上潜伏することがある)。

天井はボーナスもしくはコーラリアンモード突入後(リプレイ・リプレイ・チェリー入賞後)、通常時909ゲーム経過、またはボーナス後99ゲーム間シングルボーナス非成立となっており、3セットまたは5セット(振り分けは1:1)のコーラリアンモード突入が確定する。

The Day After 編集

BONES書き下ろしの映像特典としてテレビシリーズのエピローグと、劇場版のプロローグが収録されている。

  • 2日後
アネモネ&ドミニク、スーパーイズモ艦艦員らと記念撮影。12006/04/14
  • 4日後
マシュー&ヒルダ、ホランドらとの別れを惜しみつつ、tR606に乗り旅立つ。12006/04/16
  • 7日後
ハップとストナー、リフボードを抱えたバックパッカーに。12006/04/19
  • 10日後
ミーシャ、グレッグの強引な押しでヨリを戻す。12006/04/22
  • 15日後
ムーンドギー、ギジェット、ケンゴウ、ウォズ、ジョブスらで月光運送(株)を設立。12006/04/27
  • 1ヵ月後
モーリス、メーテル、リンク、ガレヱジサーストンの残骸前に佇むアクセルと発掘屋の下へ。12006/05/12
  • 3ヵ月後
ホランド&タルホ、車でリフショップを経営しながら、リフスポット巡り。12006/07/12
  • …そして
ワルサワの丘を歩く、劇場版の幼いレントンとエウレカ。
夜空の星を見上げる、TVシリーズのレントンとエウレカ。

その他 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. セガサミーホールディングス・2010年3月期決算短信 p.5
  2. 本来「3リールの押し順を選択する」ということで考えれば6択だが、本機はベルの払い出し(配当表上は「ANY・ベル・ANY」)に際し、中リールベルの上段停止による「3枚遊技での4枚ベル1ライン成立、4枚払い出し」(上段横並び)と中段停止によるの「3枚遊技での4枚ベル3ライン成立、12枚払い出し」(斜め下がり・斜め上がり、中段横並び)を揃い分けることにより4枚と12枚の払い出しを分岐させているため、最初に中ボタンを押すケースでは上段停止で4枚、中段停止で12枚が確定するため、残りの2リールを分岐させる意味がなく、中リールからの押し順が2通りではなく1通りに減少することから「5者択一」となる。レギュラーボーナス中は2枚遊技となるために通常時4枚のベルは8枚に変更となり、上段停止で8枚、中段停止では3ライン遊技のため2ライン入賞の上限15枚となるところが、台固有の上限規定(1Gあたりの払い出しは最大12枚)により12枚として払い出される。
  3. 内部でのポイントによる抽選制を採用しているが、REGボーナス開始時に「すでに満点(5点)を保持」という抽選に当選している場合、全く押し順を当てられなかった場合でもコーラリアンモード突入が確定するケースも存在する。

外部リンク 編集

テンプレート:Pachi-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。